リモートアクセスって何だろう?

学内のネットワークに接続していないときに、学内と同じようにジャーナルや電子書籍・データベースなどを利用できるようにするサービスのことです。

これを知っているか否かで、就活や研究生活が大きく変わります。下記を参考にぜひ、アクセスを試してみてください。

 

1.図書館HPにアクセス

2.左上の【OPAC/マイライブラリ】をクリック

f:id:mulibrary:20180829101620p:plain

3.右上の【MyLibrary Login】をクリックし、ログイン

f:id:mulibrary:20180829101347p:plain

利用者ID    :学生⇒学籍番号(s, g 不要)

                      教職員⇒No. の頭に 8 をつけた7桁(足りない場合は 0 で埋める)

パスワード:通学生⇒MUSCATと同じ /その他の方⇒お尋ねください。

 

4.左中央部の【学外からオンラインサービスを利用する】をクリックする。

f:id:mulibrary:20180721101639p:plain

 5.【オンライン・データベース一覧(リモートアクセス用)】が表示されるので、

     利用したいサービスを表から探し、アクセスをする。

f:id:mulibrary:20180829101714p:plain

f:id:mulibrary:20180829101821p:plain

注1)リモートアクセスがご利用いただけるのは、学部生(通信生を除く)・院生・専任教員です。

注2)東洋経済デジタルコンテンツライブラリーは、4の画面で別にリンクが作られていますので、

       そちらからご利用ください。

注3)図書館で契約しているサービスがすべて利用できるわけではありません。ご了承ください。

注4)法学部系のデータベースは、リモートによる利用が通常と異なり、身分によりID/PWにて

      利用いただいているものがあります。ご不明点は図書館カウンターにお問い合わせください。