マメカン(11):れふぁれんすぶっくって何ぞや?の巻 Vol.2

【レファレンスブックの種類と効用?】

f:id:mulibrary:20190131110554p:plain

f:id:mulibrary:20190131110626p:plain

 

基本的に【何を知りたいのか?】が分からないと、方針が立てられないので、図書館の使い方の分からなさにつながってしまう…ということは、折に触れ記事にしてきました。

レファレンスブックは、言葉や事柄を調べることに特化しているため、用途ごとに引き方も、載っている内容もそれぞれ明確に違います。

最初のとっかかりとして、まず辞書・事典を調べるというのは、レポートのヒントを得られる非常に良い方法ですが、本選びを間違うと、知りたかったことが載っていないなんてことも。

次回は【辞書・事典の使い方】でお送りします。