【エア展示】カンナさんの本棚 3

司書のカンナさんおすすめの本をご紹介

 

本の扉を開けば、多くの発見と大きな喜びがきっとあなたを待っています!

 

f:id:mulibrary:20200616133858j:plain

 

本を読めなくなった人のための読書論 / 若松英輔

人体、なんでそうなった? : 余分な骨、使えない遺伝子、あえて危険を冒す脳 / ネイサン・レンツ

それを、真 (まこと) の名で呼ぶならば : 危機の時代と言葉の力 / レベッカ・ソルニット

子どもは40000回質問する : あなたの人生を創る「好奇心」の驚くべき力 / イアン・レズリー

ありがとうもごめんなさいもいらない森の民と暮らして人類学者が考えたこと / 奥野克巳

その部屋のなかで最も賢い人 : 洞察力を鍛えるための社会心理学 / トーマス・ギロビッチ

 

 

 

f:id:mulibrary:20200616134034j:plain

 

ホラホラ、これが僕の骨 : 中原中也ベスト詩集 / 中原中也

茶の本 / 岡倉覚三
「ほとんどない」ことにされている側から見た社会の話を。 / 小川たまか

東京建築遺産さんぽ / 大内田史郎 傍島利浩(写真)

自由な彼女たちの必ずしも自由でない日常(天才たちの日課 女性編

 

 

ここに挙げたのはごく一部。OPAC カンナさんの本棚 でも公開中です。

7/17以降の入館は、事前予約が必要ですのでご注意ください。