CiNii Articles 《国立情報学研究所》

CiNii Articlesの学内・学外利用の違い

 

 

*2017年4月より、機関定額制制度がなくなり、学内・学外ともほとんど同じ画面となりました。

ただし、下記のような違いがありますのでご注意ください。

 

○学内LANからアクセスするか、マイライブラリからリモートアクセスでCiNii Articlesをご利用いただくと

検索結果に本文へアクセスするための各種アイコンが出ます。

○学外からアクセスした場合にはこれらのアイコンは出ません。

 

「Full Textを探そう!」

 f:id:mulibrary:20180716094032p:plain f:id:mulibrary:20180629083810p:plain

武蔵野大学で契約しているオンラインジャーナル等の本文が閲覧可能かがわかります。

所蔵がない場合には、オンライン文献複写依頼へのリンクをご利用ください(専任教員・大学院・学部卒業年次生のみ)。

 

「機関リポジトリ」「J-STAGE」「医中誌web」「日経BP」など

 f:id:mulibrary:20180716094231p:plain  f:id:mulibrary:20180716094242p:plain f:id:mulibrary:20180716094308p:plain f:id:mulibrary:20180716094327p:plain

 f:id:mulibrary:20180716100537p:plainf:id:mulibrary:20180716100601p:plainf:id:mulibrary:20180716100622p:plainf:id:mulibrary:20180716101729p:plain

その論文を収録・リンクしている機関・データベースへのリンクです。

クリックすると本文のサイトまたは本文PDFにリンクします。

 

「ここをクリックして武蔵野大学図書館をチェックしよう!」

 f:id:mulibrary:20180716102703p:plain f:id:mulibrary:20180716102854p:plain

NII書誌IDを武蔵野大学OPACのシステムにリンクし、所蔵を確認します。

 

2017年5月18日記

Internet Explorer11で検索を行った際に、「FullTextを探そう!」をクリックすると以下の画面が出ることがあります。

f:id:mulibrary:20180810151625p:plain

(クリックすると画面が大きくなります。)

この場合は、他のブラウザ(Firefox, Chromなど)を利用すると解決されることがありますので、ブラウザを変更してお試しください。

 

◎Information

・This is a database for academic information of articles in Japan.

・Access available : Free

・When finish this database, click browser close button.

・To change interface language to English, please click "English" right above.

About CiNii

Quick Guide in English

 

利用方法

 

マニュアル(国立情報学研究所)

 

<<文献の管理>>

○検索した結果を、保存しておきましょう。卒業論文やレポートの参考文献や引用文献リストに役立ちます。

*保存の仕方

1)複数のデータを保存する場合

出力1

○まず、保存したいデータの横のボックスにチェックを入れます。

○結果の一覧の上部に「新しいウインドウを開く」の横の▼をクリックすると図のようにプルダウンリストがでます。ここから希望のファイルを選び、実行ボタンをクリックしてください。

○ファイルのダウンロードをすることができます。

 

2)1件ずつデータを保存する場合

出力2

○個々のデータの詳細画面の右側に上記のようなリンクがあります。

○ここから希望のファイルを選んでください。

○1件ずつ、ダウンロードすることができます。

 

一番簡単な管理方法は、Excelを利用する方法でしょう。

そのためには、csvファイルを利用することになります。詳しい方法は、各自、Excelの教則本か日経BP記事検索等で確認をしてみてください。

 

また、各種文献管理ツールを利用することができます。

EndNote Basic

Mendeley