MENDELEY

以前までは、文献管理は有料のツールでしたが、現在は無料でも高機能なものが多くあります。

このMENDELEYもその一つです。

 

オンライン上に文献情報を保管することができ、2GBまで無料で利用することができます。

インターフェースは、英語版のみです。

 

詳しい情報は、以下のページにあります。

MENDELEY(エルザビア・ジャパン社)

 

◎Information

MENDELEY is FREE reference manager.

You can manage your reference articles on Web, PC desktop and Tablets.

Please refer following contents.

MENDELEY Help

And start here.

MENDELEY(Elsevier)

You can see "Getting started with Mendeley" on You tube.

 

 

MENDELEYの利用手順は、以下の通りです。

動画で見たい場合は、こちらをご覧ください。

オンライン講習会(エルゼビアジャパン)

 

1)まずはユーザー登録

a) ここにアクセスをして「Create a free account」をクリックし、以下の情報を入力してください。

First Name, Last Name, E-mail, Password

次の画面で、ご自身の身分等を入力してください。

b)入力が終わるとデスクトップ版のインストールプログラムがダウンロードされます。

c)そのプログラムを実行してください。、

d)デスクトップ版がインストールされたら、起動してみてください。ログインを求められますので、登録したE-mailとPasswordでログインします。

 

 

2)デスクトップ版を使ってみる

こちらから、オンラインマニュアルをご覧になれます。

a)書誌情報の登録は以下の方法があります。

①文献pdfをMENDELEYの中央フレームにドラッグします。

②文献情報を手入力します。[File>Add Entry Manually]で追加できます。

③データベース等からダウンロードした情報をインポートすることができます。

インポートできるファイル形式は、BibTex, EndNote XML, RIS形式です。

b)フォルダ管理

自分の好きな名前を付けたフォルダで管理できます。

 

 

3)ウェブ版を使ってみる

こちらからオンラインマニュアルを見られます。

a)書誌情報の登録は以下の方法があります。

①Web Importerを使う。

②手入力をする。

b)デスクトップ版のバックアップ機能

 

4)Wordに参考文献情報を挿入する

①Wordプラグインをインストール

②ご自分の論文をWordで開き、参考文献を挿入したいところにカーソルを置く。

③上のタブの「参考資」をクリック。「Insert Citation」をクリック。

④ポップアップウインドウ中で、必要な文献をAuthor, Title, Yearで検索する。

⑤最後に参考文献リストを入れたいところにカーソルを置き、「Insert Bibliography」をクリックする。

⑥参考文献スタイルは、Styleプルダウンリストで変更できる。

 

5)グループの利用に関しては、以下にご注意ください。

①プライベートクループ

3人までグループを作れます。

pdfも共有することができます。

オンラインジャーナルの契約上、学外の方との共有はおやめください。

また、データベースの場合も著作権はデータベース作成会社にあります。安易な共有はおやめください。

②オープングループ

pdfは共有できません。

 

6)研究者ネットワークなど

他の研究者とSNSのように、つながることも可能です。

 

7)研究業績の公開

個人の業績を公開することができます。