Japan Chronicle Online《Brill》

利用方法

 

<<注意事項>>

○同時アクセス数:無制限

 

○ログアウト:要

右側にある「Sign out」をクリックしてください。

 

<<アクセス>>

○学内からの利用

Japan Chronicle Online

 

○学外からの利用

図書館HPのマイライブラリよりご利用ください。

 

◎Information

・Access available : unlimited

・Finished searching, please click "Sign out".

・Access: Japan Chronicle Online

 

Japan Chronicle について 

 

○武蔵野大学で契約しているのはJapan Chronicleのみです。

BrillOnline Primary Sorces内で「Home」や「Help」など他のページに一度行ってしまうと、全てのコレクションが検索対象となってしまいますので、ご注意ください。

右上の「Subjects」をクリックし、Asian Studies のJapan Chronicleをクリックすれば元の状態に戻ることができます。

 

Screenshot-2018-3-2 BrillOnline Primary Sources(2)

 

<<コンテンツ紹介>>

Japan Chronicle Onlineは、大正から昭和にわたるイギリス系の英字新聞Japan Chronicleをページイメージで全文検索可能なデータベースです。

Japan Chronicleの前身にあたるKobe Chronicle(1900-1901年)や、補遺版、書籍もあわせて提供されます。

 

○収録コンテンツ

1: Daily Edition

Japan Chronicle Daily Edition(1929-1940)

2: Weekly Edition

Kobe Chronicle Weekly Edition(1900-1901)

Japan Chronicle Weekly Edition(1902-1941)

3: Commercial supplement

Japan Chronicle Commercial Supplement (1915-1916, 1920-1941)

4: Books

The Foreign Exchange Control Law and Enforcement Regulations(1938)

The Great Earthquake of September 1st, 1923(1923)

The Romance of Kobe(1918)

The Socialist and Labour Movement in Japan(1921)

 

<<検索の仕方>>

・検索画面の上部に入力欄があるので、そちらにキーワードを入力し、[Search]ボタンをクリックしてください。

・検索結果から読みたい記事の[Open]ボタンをクリックすると、閲覧用の画面が開き、紙面上にキーワードが緑色でハイライト表示されます。閲覧用画面の左側の「Contents」にヒットしたページが表示されるので、読みたいページをクリックするとそのページが右側に表示されます。

 

pr

 

<<文献管理>>

・検索結果で表示される巻号をクリックすると、詳細情報が表示されます。

 [Export Citation]ボタンをクリックすると、ris形式のファイルがダウンロードされるので、以下の文献管理ツールでご利用できます。

EndNote Basic

Mendeley