書誌スタイルについて

文献を引用するスタイルには、色々な方法があります。

EBSCOのデータベースで採用されていて日本でも見られる書誌スタイルについて、説明をしましょう。

 

 

*AMA スタイル(American Medical Association Style)

American Medical Associationが設定している引用形式。

引用形式のいろいろは、こちらをご覧ください。(英語)

 

*APA スタイル(American Psychological Assciation Style)

American Psychological Associationが設定している引用形式。

引用形式のいろいろは、こちらをご覧ください。(英語)

 

*シカゴ スタイル(Chicago Style)

シカゴ大学出版会が設定している引用形式。

●Author-Date(英語)

●Humanities Style(英語)

 

*MLA スタイル(Modern Language Association Style)

アメリカ現代語学文学協会が設定している引用形式

引用方法のいろいろはこちら。(英語)

 

*ハーバード スタイル(Harvard Style)

ハーバード大学で起こった参考文献列挙の方式

●Australian Style(英語)

●Author-Date Style(英語)

 

*バンクーバー スタイル(Vancouver/ICMJE Style)

こちらは、日本のSIST2スタイルのもとになったスタイル。

引用方法はこちら。(英語)

 

正式な引用方法は、それぞれのガイドラインに従ってください。

また、レポートや論文等の引用形式は、指導教員や投稿規定の指導に従ってください。