ジャパンナレッジLib収録コンテンツがOPACで検索できます

ジャパンナレッジLibに収録されているコンテンツがOPACの検索結果から利用できるようになりました。

例えば、『日本国語大辞典』をOPACで検索すると、下記のようになります。

 

 No.1は「紙の図書」で武蔵野図書館にあり、
 No.2には(ジャパンナレッジLib)という表示があり、電子書籍と同様の使い方ができます。

  f:id:mulibrary:20211008125928p:plain

 

利用しようとしていた資料がOPAC検索でヒットし、(ジャパンナレッジLib)という表示がある場合には、オンライン資料として利用できます。ぜひ活用してください。

 

ジャパンナレッジLibには辞書・辞典類のほかに東洋文庫、新編日本古典文学全集など、たくさんのコンテンツが収録されています。収録コンテンツについてはこちらをご覧ください。

[注] 現在、2021年9月までの情報を掲載しています。

 

利用方法

学内で利用する場合

❶検索結果一覧の「書名・著者名等」をクリック

  f:id:mulibrary:20211008132026p:plain

❷図書情報詳細の「電子データはこちら」をクリック

  f:id:mulibrary:20211008132226p:plain

 

外から利用する場合    ※学部生(通信生除く)・院生・専任教員のみ利用可

①マイライブラリにログイン ⇒マイライブラリ 

②図書館からの連絡事項の

 「学外からオンラインサービスを利用する/Off Campus Access」をクリック

③オンライン・データベース一覧画面の左側の「蔵書検索」の検索窓で検索をする     

  f:id:mulibrary:20211008151203p:plain

④上記の「学内で利用する場合」の❶❷へ